敏感肌のために摂りたい栄養素と多く含む食材

敏感肌はスキンケアだけで改善が出来るものではありません。何が大切なのかというとトータルしてケアをしていくことなのです。つまり、食生活にも気を配る事で敏感肌の改善を導くことが出来るのです。

乱れた栄養バランスや、偏食などをしていると肌がトラブルを引き起こしてしまいますので、食事内容には気を配っていきたいのです。では、どういった食事を理想としているのかご紹介したいと思います。

食事に取り入れたい栄養素と食材

ビタミンA

肌の潤いをキープするために働いてくれるのがビタミンAで、肌と粘膜を健康に丈夫にする事ができます。皮膚を新しくするためのターンオーバーを促進する作用もありますので、敏感肌を根本的な部分から改善へと導きます。

多く含まれている食材

レバー(鶏がおすすめ)、ホタルイカ、すじこ、ウナギ、シソ、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、春菊、卵黄

ビタミンB群

皮脂の分泌量を管理する事が出来るビタミンB群は、不足すると皮脂が過剰に分泌してしまいます。

そして肌トラブルを引き起こす原因となってしまいますので、欠かせない栄養素となっています。ビタミンB2とビタミンB6は肌を健康にしてくれるので摂取してもらいたいと思います。

多く含まれている食材

ビタミンB2:レバー(豚・牛・鶏の順に多い)、焼き海苔、キャビア、アーモンド、ウズラの卵、どじょう

ビタミンB6:にんにく、牛レバー、まぐろ、カツオ、サケ、鶏ささみ、さんま、あじ、さば

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要不可欠なビタミンCは、肌の弾力を生み出すために欠かせません。さらにメラニンの生成を抑制する働きを持っていますので、シミの対策にも活躍してくれます。

多く含まれている食材

パプリカ、パセリ、ピーマン、芽キャベツ、レモン、キウイ、柿、イチゴ

タンパク質

肌の細胞というのは、タンパク質が作用して生成されています。ですから、肌をしっかりとターンオーバーさせて再生させる為には、タンパク質が必要になるのです。毎日欠かさずタンパク質を摂取するのがポイントです。

多く含まれている食材

肉類、魚類、卵などの動物性タンパク質と、豆、野菜などの植物性タンパク質があります。

肉類は摂取しすぎるとカロリーや脂質が気になるという場合がありますので、ヘルシーにするなら「鶏ささみ」などがお勧めです。

鉄分

肌トラブルを引き起こす原因には鉄分不足が考えられることもあります。鉄分は、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取すると、体により吸収されやすくなりますので覚えておきましょう。

多く含まれている食材

レバー(豚肉・鶏肉の順で多い)、ひじき、あさり、煮干し、切り干し大根、パセリ、干しブドウ、プルーン

食物繊維

腸内環境が悪くなると、肌トラブルを引き起こしてしまいますので。便秘や下痢を予防するには、食物繊維を摂取して腸内環境を整えてあげる必要があります。吹き出物などが出来る原因にもなりますので、食物繊維を摂取して腸内環境は良い状態にキープしましょう。

ちなみに、食物繊維は「水溶性」と「不溶性」の2種に分かれておりバランスよく摂取しなければいけません。水溶性ばかりを摂取すると下痢になってしまう可能性がありますし、不溶性ばかり摂取すると便が硬くなり便秘になる可能性が高くなるのです。

理想的な摂取量は、「水溶性2:不溶性1」という割合になりますので覚えておきましょう。

多く含まれている食材

水溶性:春菊、大麦若葉、エシャロット、やまいも、明日葉、オクラ、ひじき、アボカド、イチゴ、りんご、桃、柿、寒天、わかめ、もずく、納豆

不溶性:さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、ゴボウ、切り干し大根、バナナ、しいたけ、きくらげ、大豆、こんにゃく、大豆、玄米