敏感肌のために摂りたい栄養素と多く含む食材

敏感肌はスキンケアだけで改善が出来るものではありません。何が大切なのかというとトータルしてケアをしていくことなのです。つまり、食生活にも気を配る事で敏感肌の改善を導くことが出来るのです。

乱れた栄養バランスや、偏食などをしていると肌がトラブルを引き起こしてしまいますので、食事内容には気を配っていきたいのです。では、どういった食事を理想としているのかご紹介したいと思います。

食事に取り入れたい栄養素と食材

ビタミンA

肌の潤いをキープするために働いてくれるのがビタミンAで、肌と粘膜を健康に丈夫にする事ができます。皮膚を新しくするためのターンオーバーを促進する作用もありますので、敏感肌を根本的な部分から改善へと導きます。

多く含まれている食材

レバー(鶏がおすすめ)、ホタルイカ、すじこ、ウナギ、シソ、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、春菊、卵黄

ビタミンB群

皮脂の分泌量を管理する事が出来るビタミンB群は、不足すると皮脂が過剰に分泌してしまいます。

そして肌トラブルを引き起こす原因となってしまいますので、欠かせない栄養素となっています。ビタミンB2とビタミンB6は肌を健康にしてくれるので摂取してもらいたいと思います。

多く含まれている食材

ビタミンB2:レバー(豚・牛・鶏の順に多い)、焼き海苔、キャビア、アーモンド、ウズラの卵、どじょう

ビタミンB6:にんにく、牛レバー、まぐろ、カツオ、サケ、鶏ささみ、さんま、あじ、さば

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要不可欠なビタミンCは、肌の弾力を生み出すために欠かせません。さらにメラニンの生成を抑制する働きを持っていますので、シミの対策にも活躍してくれます。

多く含まれている食材

パプリカ、パセリ、ピーマン、芽キャベツ、レモン、キウイ、柿、イチゴ

タンパク質

肌の細胞というのは、タンパク質が作用して生成されています。ですから、肌をしっかりとターンオーバーさせて再生させる為には、タンパク質が必要になるのです。毎日欠かさずタンパク質を摂取するのがポイントです。

多く含まれている食材

肉類、魚類、卵などの動物性タンパク質と、豆、野菜などの植物性タンパク質があります。

肉類は摂取しすぎるとカロリーや脂質が気になるという場合がありますので、ヘルシーにするなら「鶏ささみ」などがお勧めです。

鉄分

肌トラブルを引き起こす原因には鉄分不足が考えられることもあります。鉄分は、ビタミンCやタンパク質と一緒に摂取すると、体により吸収されやすくなりますので覚えておきましょう。

多く含まれている食材

レバー(豚肉・鶏肉の順で多い)、ひじき、あさり、煮干し、切り干し大根、パセリ、干しブドウ、プルーン

食物繊維

腸内環境が悪くなると、肌トラブルを引き起こしてしまいますので。便秘や下痢を予防するには、食物繊維を摂取して腸内環境を整えてあげる必要があります。吹き出物などが出来る原因にもなりますので、食物繊維を摂取して腸内環境は良い状態にキープしましょう。

ちなみに、食物繊維は「水溶性」と「不溶性」の2種に分かれておりバランスよく摂取しなければいけません。水溶性ばかりを摂取すると下痢になってしまう可能性がありますし、不溶性ばかり摂取すると便が硬くなり便秘になる可能性が高くなるのです。

理想的な摂取量は、「水溶性2:不溶性1」という割合になりますので覚えておきましょう。

多く含まれている食材

水溶性:春菊、大麦若葉、エシャロット、やまいも、明日葉、オクラ、ひじき、アボカド、イチゴ、りんご、桃、柿、寒天、わかめ、もずく、納豆

不溶性:さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、ゴボウ、切り干し大根、バナナ、しいたけ、きくらげ、大豆、こんにゃく、大豆、玄米

年齢肌の悩みをしっかりカバー!BBクリームを選ぶ5つのポイント

メイクをするときは、下地やらコンシーラーやらファンデーションやらと、たくさんのアイテムを使って気になる部分をカバーするのが一般的でした。しかしBBクリームの登場により、たった1本で基礎メイクが完成してしまうようになりました。

BBクリームは美容成分が含まれているので、メイクをしながらスキンケアができる優れものです。年齢肌を隠すためにも、カバー力がいいのでお勧めできるアイテムとなっています。

そこで、BBクリームで若返り肌を手に入れるために、賢く上手に選ぶポイントをご紹介したいと思います!

上手なBBクリームの選び方

BBクリームの伸び

肌に付けたときに、スムーズにクリームが伸びてくれるものを選ぶのがポイントです。はdを擦る回数が減りますし、刺激が少なくなるのでスーッと馴染んでくれるBBクリームを選びましょう。

保湿成分のチェック

BBクリームの特徴は、美容成分が含まれているという点です。メイクをしながら保湿が出来るのは、乾燥しがちな30代女性にはとても嬉しい効果です。

特にお勧めの保湿成分は「セラミド」なのですが、その他にもヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合されているものでもいいでしょう。

紫外線対策が出来ているか

基本的にBBクリームには「UV効果」があるものが多いのですが、どのくらいのレベルの紫外線対策が出来るのかチェックしましょう。

買い物や通勤などであれば、「SPF20/PA++」程度の紫外線カットができれば問題ありません。少し長い時間外に出ている時であれば、「SPF30/PA+++」程度のものがお勧めです。

肌の色とマッチするかどうか

BBクリームの色が肌の色よりも明るすぎると、白く顔だけ浮いて見えます。逆にBBクリームが黒すぎると、顔はくすんだように見えてしまいます。

年齢肌を隠して、若々しさを演出したいのですから、肌の色とマッチするようにしっかりと試してから購入しましょう。

肌質の確認

乾燥肌や普通肌の場合であれば、保湿成分がしっかりと配合されたしっとり系のBBクリームがお勧めです。

脂性肌の場合は、あまりしっとりしすぎていると脂が出やすくなるので、べたつきが少ないBBクリームを選びましょう。

年々色が濃くなる乳首の悩み…その黒ずみは専用美白クリームで解消できる

年齢を重ねるとともに、乳首の色がどんどん黒くなっていく…そんな悩みを抱えた女性は少なくありません。さらに乳首の色の問題ですから、大きな声で相談できるものでもないため、1人で抱え込んでしまっている女性も多いでしょう。

乳首が黒くなってしまうのには、それなりの原因があります。まずは原因を知ってから、どういったケアが出来るのか、見ていきたいと思います。

乳首が黒くなる原因

加齢によるもの

加齢というのは、ターンオーバーが上手くできなくなってしまうものです。乳首もターンオーバーによって、新しい細胞に生まれ変わる事で美しさを保ちます。

ですから、ターンオーバーが正常に出来なくなると、メラニン色素が含まれた細胞がいつまでも乳首に付着したままになります。その結果、色素沈着を引き起こしてしまい黒ずみの原因となってしまうのです。

摩擦によるもの

ブラジャーによって、乳首と生地で摩擦が起こってしまうので黒ずみの原因となります。ブラジャーは自分の胸に合ったものを使うようにしないと、摩擦が起こる要因となります。

妊娠や出産によるもの

妊娠をした女性の体は、女性ホルモンのプロゲステロンがたくさん分泌されます。プロゲステロンはメラニン生成を促進させる作用がありますので、乳首が黒ずむ原因にもなります。

ただ、妊娠や出産によるものであれば、妊娠や出産を終えてから少しずつ乳首の色は、落ち着いてくるのが特徴です。

乳首の黒ずみ改善方法

原因別に乳首の黒ずみの改善方法をチェックしていきたいと思います。

加齢への対策

加齢によってターンオーバーが正常に行われなくなった場合には、保湿をしてターンオーバーが正常に行われるようにケアします。その他には、生活習慣を見直して規則正しい日々を過ごすことで、ターンオーバーが正常化されます。

摩擦への対策

乳首の摩擦は、ブラジャーのサイズが合っていないと頻繁に起こってしまいますので、ジャストサイズを使うようにしましょう。

その他に、乳輪付近のムダ毛を処理したい場合には、カミソリや毛抜きなどで刺激をし過ぎないようにしましょう。

摩擦が起こってしまった場合には、保湿をして刺激を軽減させるようにしてください。

妊娠や出産への対策

基本的には、元に戻るものなので対策をする必要はありませんが、保湿ケアをしておくと色素沈着が治りやすくなります。

乳首専用の美白クリームについて

乳首の黒ずみを改善するための美容クリームが販売されていますが、どういった効果があるのかご存じでしょうか?美白効果があるクリームなので、乳首の黒ずみを解消する効果があります。

それでは、賢いクリームの選び方をココで伝授したいと思います!

  • その1、保湿成分、美白成分、抗炎症成分が配合されている
  • その2、肌への刺激が少ない、低刺激タイプ
  • その3、皮膚への浸透力が高い
  • その4、平均価格5,000円前後で十分
  • その5、満足できなければ返金出来る
  • その6、継続して使うことが出来る価格帯かどうか

これらのクリーム選びのコツを覚えておけば、黒ずみを改善するクリームに出会えることでしょう。

バストトップに使える美白クリームおすすめランキング

目の下にくすみが!そんなときはコラーゲンとビタミンCを試してみて

目の下にくすみがあると、暗い印象になってしまいますし、メイクも映えません。

さらにデリケートな部分なので、ケアの方法も何があっているのか分からない人が多いです。そこで、目の下のくすみにコラーゲンとビタミンEが有効だというお話をしたいと思います。

目の下のくすみはコレが原因

  • 寝不足
  • 疲労
  • 栄養不足
  • ビタミン不足

主な原因は上記のようなものだと考えられます。目の下のくすみは放っておくと、色素沈着してしまうこともあります。さらに頻発しやすくなってしまうので、なかなか治らないといった状態になります。

寝不足になると血行が悪くなるので、目の下の血流が滞ってしまい、くすみができます。ビタミンは目によい作用がありますので、ビタミン不足でくすみが悪化することもあります。

コラーゲンとビタミンEでくすみ撃退!

目の下のくすみによって色素沈着が起こった場合は、その色素を改善するのに少々時間がかかります。栄養が足りていないので新陳代謝も悪くなっていますから、血行も悪い状態です。まずは栄養をしっかりと確保して、睡眠時間も6~8時間は取れるように改善をしてください。

そしてコラーゲンとビタミンEを摂取して、目の下をしっかり保湿してあげましょう。乾燥していると目の下がたるんでしまい、ハリもなくなりますので、色素沈着が進行、悪化します。コラーゲンの保水力を活用して、弾力を与えることができれば目の下のくすみも改善へと向かいます。

コラーゲンはこうやって活用する

目の下のくすみには、サプリメントやドリンクタイプのコラーゲンを摂取していきましょう!ビタミンEも一緒に摂取して、相乗効果によってくすみを改善していきます。

化粧水や美容液などにコラーゲンが配合されているものを使って、直接目の下をケアすることも効果的です。サプリメントも化粧水や美容液なども毎日欠かさずに、続けていくようにしましょう。

まとめ

目の下のくすみはコラーゲンとビタミンEを一緒に摂取すると、効果的に改善ができます。サプリメントやドリンク、化粧水や美容液でケアをしていくと効率がいいです。色素沈着が起こる前にケアができればいいですが、色素沈着していても諦めることはありません。

敏感肌ならここに注意!化粧下地とファンデーションの選び方・使い方

敏感肌でも女性というのは、化粧をするものです。そして肌全体に塗るものとしてファンデーションを使用するのが一般的です。ファンデーションは、紫外線をカットする役目もありますので、そういった意味では使っていきたいものでもあります。

ただ、化粧品は肌への刺激が否めないものが多いので、ファンデーション選びにもこだわってもらいたいのです。では、具体的に敏感肌の場合にはどういったファンデーションを利用すればいいのか、お話をしていきましょう。

敏感肌のためのファンデーションとは

ルースファンデーション

粉になっているタイプのものをルースファンデーションと言います。こちらのファンデーションは、油分が少ないタイプになっていますので、クレンジングの際に簡単に落とす事が出来ます。

油分が肌にあまり良くない事もありますが、クレンジングで落とすときのことも考えると1番お勧めなのは「ルースファンデーション」となります。

パウダーファンデーション

ルースファンデーションよりも、少し油分が多くなったものがパウダーファンデーションです。肌のカバー力をもう少しあげたいという場合には、こちらのタイプもお勧めです。気にするほど油分も多くないので、クレンジングでも簡単に落ちます。

ミネラルファンデーションがお勧め!

ルースファンデーションとパウダーファンデーションというお勧めのタイプをご紹介しましたが、成分的には「ミネラルファンデーション」がお勧めです。

どういったものなのかというと、天然の鉱物が原料となっているファンデーションで低刺激となっています。肌に優しいミネラルで出来ているのに、カバー力もあるとして最近とても人気があります。

ミネラルファンデーションの成分

ミネラルファンデーションに使用されている成分は、主に4種類あります。「酸化亜鉛」「酸化チタン」「酸化鉄」「マイカ」という原材料が表記されているので、チェックしてみてください。

化粧下地で差を付ける!肌に優しい下地選び

化粧下地というのは、ファンデーションのもちを左右するものであり、化粧をよりキレイに見せる事が出来る優れものです。しかし敏感肌には、化粧下地の刺激がダメージとなるために、使用はお勧めできないと言われていました。

実は化粧下地は敏感肌に合わないものもありますが、選び方を間違えなければ敏感肌でも問題なく使えるものがあるのです。敏感肌でも化粧下地でメイクに差をつけて、キレイを手に入れてみてはいかがでしょうか。

なぜ化粧下地がダメと言われていたのか

敏感肌の人が化粧下地を付けると、肌に負担がかかってしまい肌トラブルを引き起こすとされていました。それは化粧下地に含まれている成分が、肌に密着してしまう事で起こるものです。

合成界面活性剤、合成ポリマー、紫外線吸収剤、パラベン、合成香料などの化学成分がたくさん含まれている事が問題だったのです。これらは肌を刺激して、吹き出物や肌荒れや炎症などを引き起こす可能性がありました。

こういった事によって、化粧下地をつけるのはあまり勧められないと言われていたのです。

敏感肌でも使える化粧下地

敏感肌でも、上記でお伝えしたような化学成分を使用していない化粧下地であれば使う事が出来ます。つまり、天然成分だけで作られているようなものであれば、問題は無いという事です。

化粧下地の成分が、植物由来成分だけという商品もありますので、肌に優しい成分を使ったものを探してみてください。

化粧下地の使い方

化粧下地を使う時には、洗顔をして基礎化粧品をしっかりと付けて保湿をしてからにしましょう。伸びやすいものを使うと、肌に塗布するときに摩擦でダメージを与えにくいのでお勧めです。

顔全体に塗布してから、軽くたたくようにのばしていくと万遍なく化粧下地が付くようになります。塗り終わったら、余分な化粧下地をティッシュで軽く取り除く事が化粧もちの良さをアップさせるコツです。

このように、化粧下地はダメなものではなく成分をキチンと選べば良いだけのことだったのです。化粧下地を付ければ、それだけメイクのもちもノリも良くなりますから使わない手はないですね。

美味しくて美容効果抜群!アサイーボウルの魅力とレシピ

アサイーボウルという名前を聞くと、お洒落なスイーツ?なんて思っていた人もいるかと思います。ハワイでアサイーボウルを食べました!なんていう有名人のブログを見たこともあるのではないでしょうか?

確かに見た目はとてもお洒落で、可愛らしいデザートです!しかしアサイーの栄養素をたっぷり摂取する為の、健康的な食べ物なのです。最近では、日本にあるハワイアンカフェなどで、アサイーボウルを提供するようになりました。

また、自分でアサイーボウルを作る事も可能です!お洒落なカフェで楽しみながら、食べるのも良いですし、自分でアレンジしながら自宅で作って食べるのも良いですね。

アサイーボウルの中身とは?

基本的なアサイーボウルの材料は、とっても身近なものでOK

  • アサイー(冷凍ピューレ)
  • 好きな果物
  • グラノーラ(シリアル)
  • 牛乳や豆乳

この程度の材料があれば、自分で簡単にアサイーボウルを作る事ができますよ!

一般的な作り方

  1. アサイーのピューレを自然解凍または、流水で少々溶かしましょう。
  2. 冷凍した好きな果物を、豆乳か牛乳と一緒にミキサーで混ぜます。
  3. アサイーピューレをミキサーに入れて、更に一緒に混ぜていきます。
  4. ドロッとしたスムージー状になったらミキサーをストップさせます。
  5. グラノーラを器に盛り、そこへミキサーの中身を掛けます。
  6. 好きな果物をトッピングして、完成になります。

最後に、ハチミツやメープルシロップをかけたり、自分の好きなトッピングをしてアレンジができますので、楽しみながら美味しいアサイーボウルが作れますね!

アサイーボウルの栄養素は?

美味しくても、見た目が綺麗でも、栄養素がしっかりしていなければ食べる意味がないですよね!カフェなどの飲食店で提供されているアサイーボウルであれば、しっかりとしたものを使っているので、美味しさもあり、栄養素もあり、安全なアサイーボウルが食べられます。

もちろん、自分で作る場合も、アサイーピューレの栄養素がしっかりしているものを選べば、栄養素抜群のアサイーボウルが作れますので安心してくださいね。

いろいろなアサイーボウルのレシピ集

アサイーボウルをお店で食べる事があると思いますが、自宅でも作ってみたい!と思いませんか?自分の健康の為に作るも良し!お友達などに振る舞うデザートとして、お洒落なアサイーボウルを作るも良し!材料さえ確保すれば、実はとても簡単にアサイーボウルが作れますよ!

まずは基本のレシピ紹介

基本的にアサイーボウルというのは、ペーストタイプやパウダータイプのアサイーを使用します。これらは通販などでも簡単に手に入りますので、買っておくと良いでしょう。

  • アサイー
  • バナナ
  • ベリー類
  • 牛乳
  • グラノーラ

アサイーのペーストなどを牛乳とバナナと一緒にミキサーします。スムージー状になったら、器にいれ、グラノーラ、バナナ、ベリー類を好きなようにトッピング。たったこれだけで完成です!

このレシピで作るのも十分なのですが、他にも美味しくアレンジしたレシピをご紹介しましょう!

お洒落なアサイーボウル

お友達に振る舞ったり、見た目がお洒落で可愛いものを作りたい人にお勧め!

アサイーや牛乳は基本のものでOK!器に盛る時に色鮮やかなアサイーボウルになるように、果物に工夫を凝らします。バナナは甘みもありますし、栄養価もバッチリなので、入れておきたいのですが、その他に美味しくて可愛く見える果物を入れましょう!

キウイやマンゴーを入れると、緑と黄色が入るので、とても鮮やかになります!イチゴとブルーベリーを添えれば更にオシャレ度アップです!盛り付けをするカップを、大き目のマグカップやスープカップにすると、カフェっぽい仕上がりになりますよ!

夏に食べたいアサイーボウル

フローズンにすることで、夏にぴったりの涼しげなアサイーボウルが出来ます!

アサイーペーストとバナナをミキサーにかけて、ドロッとした状態で冷凍しましょう。そして固まってきたところで、牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけます。するとあっという間にフローズン状に!

フローズンの上にグラノーラやフルーツを乗せていけば、とっても冷たくて美味しいアサイーボウルの出来上がりです!

このように、アサイーをフローズンにしたり、アイスと混ぜたり、オリジナルのレシピを探し出してみると、楽しみながらアサイーボウルを食べる事ができますね!

意外と刺激が強い虫よけスプレー!肌に優しい成分で手作りしてみよう

夏になると、蚊に刺されてしまう事があります。敏感肌というのは、肌のバリア機能が低下していますので、蚊に刺されただけでも大袈裟なくらいに腫れてしまうことがあります。そして痒みの症状も大きなものとなる事があるのです。

だからといって、虫除けスプレーを安易に使用すると敏感肌の方は肌トラブルを引き起こす可能性があります。実は虫除けスプレーは敏感肌と相性があまり良くないのです。

では、敏感肌が虫除け対策をするなら何を使えばいいのか?そして虫除けスプレーでどんな影響がでてしまうのか、ご紹介しましょう。

虫除けグッズの影響

虫除けスプレーなどの肌に直接使用するものには、ディートと呼ばれる成分が含まれています。ディートはアレルギー反応を示す人もいますし、肌荒れを引き起こす可能性もあるという事が分かっています。

また、よく使用されている液体タイプの蚊取り線香には、ピレスロイドという成分が含まれています。これは化学物質の塊であり、皮膚が過敏症を引き起こす事があります。このように、虫除けスプレーなどには肌に対して刺激となるものが多く含まれているのが難点となっています。

敏感肌の虫除け対策

化学物質がたくさん配合された虫除けスプレーは、肌に悪影響が出る可能性がありますので、あまりにも敏感肌が気になる場合にはお勧めできません。そこで、敏感肌の方にお勧めなのが天然成分を使用している虫除けグッズです。

蚊などの虫は、レモンユーカリ・ゼラニウム・レモングラス・シトロネラといった香りを嫌います。これらの香をもつエッセンシャルオイル(精油)をスプレーとして活用すると、自然の成分で虫除けが出来るようになります。

虫除けスプレーの作り方

  • キャリアオイル(5ml)
  • エッセンシャルオイル(10滴)
  • 水(45ml)

キャリアオイルとエッセンシャルオイルを混ぜ合わせてから、水を加えて完成です。

※キャリアオイルというのは、エッセンシャルオイルが水と混ざるようにする為に使用する、植物油脂のことです。アロマオイルのお店などで、様々な種類が販売されています。

ユーグレナの美容パワーでエイジングケア

肌の老化現象が進むと「シミ・シワ・たるみ」が気になってくるようになります。

これらは全て加齢や肌の老化によるものが原因となっているので、ユーグレナの力でエイジングケアをしてみてはいかがでしょう。

原因から見るケア

紫外線

人間は紫外線を浴びることがありますが、絶対に浴びないようにするのはかなり厳しい事です。紫外線は肌を老化させる原因の1つであり、シミの元になってしまいます。

紫外線を浴びた肌のケアをするにはユーグレナの「アミノ酸・ミネラル」がとても良い効果をもたらします。メラニンの生成を抑制して、シミを増やさないようにする事が出来るのでとても重宝される成分となっています。

血行不良

血行が悪くなると冷え症になるなどの症状が出てくるようになり、シミやシワなどが出来やすい身体になってしまいます。

血液がしっかりと巡らないと、肌にもそのしわ寄せが出てくるようになります。血行不良はユーグレナのパラミロンやビタミン類などが改善してくれます。

活性酸素

人間の体というのは体内にある活性酸素が増えすぎることによって、至る所に悪い影響が及んでしまいます。もちろんその影響は肌にも現れてしまい、シミ・シワ・たるみの原因となってしまうのです。

肌がハリを失ってしまい、見た目も老けてしまいますので活性酸素を増やさないようにするのがポイントになります。

それにはユーグレナのアミノ酸がお勧めです。アミノ酸が活性酸素を除去してくれるので、肌も酸化しないように予防することが出来ます。

乾燥

肌が乾燥するとシワが出来てしまい、そのままシワは定着するようになります。乾燥から肌を守るにはアディポネクチンを増やす作用で、ヒアルロン酸の合成を促す事がポイントになります。

ユーグレナの作用にはアディポネクチンを増やすというものがありますので、もってこいなのです。

このように、肌が老化していく原因がいくつかありますが、ユーグレナに含まれている成分によってそれらを解消していく事が期待できます。ユーグレナによって肌の老化を予防して、エイジングケアをしていく事が出来るのです。